bi texture ring

2つの異なる質感の結婚指輪

ペアで質感の違うマリッジリング

リングはそれぞれ半分ずつテクスチャーを切り替えて
削り出し、槌目、艶消し甲丸、半艶甲丸と
2つ合わせて4つの質感になるように制作しました。

今回使用したK18 (18金) のピンクゴールドはいくつかあるピンクゴールドの中でも一番肌になじみやすく優しい色味のものを選びました。

雰囲気の良い指輪の表面加工
質感違いのマリッジリング
真上から見た結婚指輪