ANIKULAPOのミル打ち

ANIKULAPO Tokorozawa // ogawa

about mille grain

 

アニクラポ 所沢店 スタッフのオガワです。

今回からリングやアクセサリーについて、また製作や加工、その他、日々の出来事をスタッフブログとして投稿したいと思います。

作業の合間に少しずつ更新いたします。

ご興味のある方はぜひご覧ください。

 

さて、本日はミル打ちについて。

ミル打ちって何??という方はまず下の画像をご覧ください。

リングの表面、両端と中央に丸い粒がライン上に並んでいます。

これをミル打ち加工、またはミルグレイン(mille grain)といいます。

IMG_9324

このミル打ちはリングやアクセサリーの装飾、石留めなどに用いられる伝統的な技法で

製作には機械掘りやCAD製作、ローラー、最近では3Dプリンターで原型を製作して鋳造する方法などもあります。

工房によって加工方法は様々だと思いますが ANIKULAPO ではもっともシンプルで原始的なタガネを使用した「手打ち」でミル打ち加工をしています。

下の画像がミル打ちで使用するタガネという道具です。

中央付近のタガネの先端、よーく見ると半球状に凹んでいるんです。

このタガネを使用して一粒一粒を打ち出していきます。

ちなみに ANIKULAPO ではこのミル打ち用のタガネ自体もミル打ちの粒のサイズごとにひとつひとつ自作で制作をしています。

このタガネの出来次第でミル打ちの質が大きく変わります。

大切ですね

ものづくりとは、ひとつひとつの工程を丁寧に積み上げていくことだと思います。

IMG_0370

さて、もう一つ大切な道具が金槌です。

用途に合わせて様々な金槌を使い分けます。

使い込んでます

ひとつの指輪を作るのに金槌だけでもこれくらいの種類を使い分けます。

ミル打ちでは主に一番左の金槌で慎重に、丁寧に打ち込んでいきます。

IMG_0373

粒の間隔、金槌の打ち出しの強弱、左右ブレなどすべてを均一に。

ポイントはタガネをしっかりと固定すること!

なのでミル打ち作業がいくつか続くとタガネを強く握り締めて固定している左手の指先が軽い内出血状態に。。。

そして細かい作業で集中してタガネの先端一点をひたすら見つめているので

作業が終わる頃には眼のフォーカスが合わなくなります。

IMG_0359

ミル打ちは作業工程も多く、ひとつのミスですべて一から作り直しになるほど正確性が必要な加工です。

ですが、仕上がりの良さ、質感、雰囲気はやはり素晴らしく気持ちのいい加工です。

作業の難易度と仕上がった時の達成感はやはり比例しますね、登山なんかに似てるかも。

 

ANIKULAPO では日々、オーダーリングやジュエリーの製作を行なっております。

ご興味のある方はお気軽にお問い合わせください。