K18 yellow gold

IMG_3306

K18のペア。 シンプルな甲丸のリングに荒めの槌目をつけて仕上げました。 K18のイエローゴールドの同じデザインのペアですがメンズは若干青みのあるクールなタイトゴールド、レディースは若干赤みが強く温かみのあるクラシックゴールドで製作させて頂きました。

IMG_3314

ゴールドは純金でほぼ100%のものをK24とし、指輪などの装飾品として使用する場合は一般的に割金と呼ばれる金属を混ぜて硬さと色みを調整し、金の割合に応じてK18やK10のように表記します。 この割金は一般的なK18のイエローゴールドであれば銀と銅を1:1の割合で混ぜます。 今回のオーダーではこの銀と銅の割金を6:4、4:6で調整し微妙な色味の違いを出して仕上げました。 写真でもよくみるとわかるように右側、銅が強いと温かくクラシカルな印象となります。左側、銀が強いとひんやりとしたクールな印象となります。 そして青みをさらに強くすると一般的にグリーンゴールドと呼ばれるものになり、赤みを更に強くするとピンクゴールドと呼ばれるものになるということです。 オリジナルオーダーでは素材の質感や色味もお好みに応じて打ち合わせさせていただき制作させていただきます。 お二人の幸せを心よりお祈り申し上げます。 ANIKULAPO 一同